HOME>注目記事>一般的な取引金額と配当金で得られる利益の魅力

取引金額はどのくらいかかるのか

通貨と男性

くりっく株365とは東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称で、日経平均をはじめとした世界の株価指数に投資することができます。売買手数料は平均150円ほどで、為替レートの変動によって資産価値が減ってしまう為替リスクは発生しません。特定のネット証券からの口座開設・維持費は無料のため、上手に使えば費用を抑えて取引を行うことが可能です。取引に最低限必要な証拠金は取引金額の20分の1から30分の1程度です。取引金額が100円の場合、およそ5円の証拠金が必要になります。以前は証券会社によって独自の証拠金算出方法を行うこともありましたが、現在は東京金融取引所共通の算出方法をとっています。

いつでも取引ができる

為替

日本の現物株式は9時から15時の限られた時間でしか取引できないのが一般的ですが、くりっく株365はほぼ24時間取引を受け付けています。銘柄ごとに取引可能な時間に違いはありますが、基本的に翌日の6時まで取引が可能です。アメリカのサマータイム期間なら翌朝の5時までとなり、株価指数によって休業日が異なります。銘柄によっては祝日や夜間でも取引ができるので、日中仕事に出ている人もくりっく株365を利用して空いている時間に取引が可能になります。

少額から利用でき、配当金を入手可能

為替

くりっく株365は、証拠金の数倍の取引ができるレバレッジ取引が可能です。そのため、取引金額より少ない金額で投資ができます。必要な金額の基準は1週間ごとに変わりますが、本来ではできない大きな金額の取引もできるようになります。また、現物株式を株式の権利を得られる日に保有していると、株主として配当金が手に入ります。レバレッジを利用して少額で取引をすれば、通常得られる配当金よりも多額の利益を手に入れることができます。